離婚相談をする

サービスオペレーター男性

離婚をするときには、夫婦が円満に話し合って離婚を進めるといったこともありますが、やはり揉めることの方が多いのではないでしょうか。離婚届に判を押して終わりといった話でもなく、さまざまなことを決めていく必要があるのです。何とか自分が得になるように離婚話を進めていかないと、これからの生活にも関わってきます。特に女性は、生活に困るといったことも多くあります。離婚を考えたときには、離婚相談をして、離婚の進め方を考えていくのも一つの方法です。なるべく有利に離婚話を進めるために、弁護士に離婚相談をするといった方法もあります。しかし、弁護士に依頼したときの費用と、それによって受けられる利益を計算してみてから決めた方がいいかもしれません。

離婚を弁護士に依頼したときには、どのぐらいの費用がかかるのかが気になるものではないでしょうか。離婚相談自体は無料のところもありますが、依頼するとなると全国的な平均の価格は60万円程度とされています。しかし、あくまでも平均の価格なので、この金額以上にかかることもあります。案件が複雑であったり、慰謝料を取るケースであったり、財産分与なども加わったりなど、さまざまなケースが考えられます。こういった案件ごとに弁護士費用が変わってきますので、注意が必要です。受けられた利益に対しても報酬金が発生してきますので、その報酬金の割合も把握しておかなければなりません。離婚相談だけなくいろいろなことを依頼するとなると、後々思いがけない高額請求が来たといったことも起こり得るので、事前にしっかりと尋ねておくことが大切です。