不倫の相談をする

握手の弁護士

夫婦は互いに貞操義務を有しています。これは、配偶者以外の異性と性的関係を持たないという義務なのですが、逆から考えると、夫婦双方は相手方配偶者に対して貞操義務を守ることを求める権利を有しているということになります。したがって、どちらか一方の不倫が原因で離婚することになった場合には、その原因を作った配偶者に対して、自分の権利を侵害されたことによる損害賠償請求権を有することになります。この損害賠償金のことを俗に慰謝料と呼んでいるのですが、有責配偶者に対してだけでなく、不倫相手に対しても請求することができます。とはいえ、当事者間の話し合いだけで不倫の慰謝料の支払いがスンナリと行われるケースはほとんどありません。現実的なことを考えると、不倫相手が逃げ回ることが多いので、法律の専門家である弁護士に相談してみることをおすすめします。弁護士の中には、離婚問題を専門に取り扱っている者がいますので、1人で何とかしようとせずに相談してみるのがよいです。

弁護士に離婚の相談をしてみた方が、後悔しない形で離婚できるようになるというメリットがあります。弁護士に対して敷居の高さを感じてしまう人が少なくありませんが、最近では、無料の離婚相談サービスを提供する弁護士が増えてきましたので、一昔前に比べるとかなり利用しやすくなっています。弁護士に相談すれば、たとえ相手方が不誠実な態度を取っていたとしても、法的に有効な解決手段を講じてもらうことができます。場合によっては、裁判を起こしてもらうこともできますので、泣き寝入りを避けられるようになります。また、ごくまれに、弁護士に相談しているうちに徐々に冷静さを取り戻し、夫婦関係が修復できるようになるケースもあります。滅多にあることではありませんが、第三者のアドバイスに耳を傾けることは、とても大切なことです。